取扱品目

「検査路」は橋梁の点検を目的とした通路で、桁の下や中を見て橋の状況を確認するために設置する物です。一般的には鋼製の物が多く、防錆処理として亜鉛メッキを施します。昨今、耐蝕性の点や軽量化の利点を考慮し、FRP製の物も採用されるようになっています。

鋼製検査路

鋼製検査路
鋼製検査路は、一般的な検査路で、国土交通省やNEXCOなどの基本的な仕様をもとに設計から数量計算・製作・施工までを行います。状況や設置場所に応じて構造計算を行い、支持材の形状やアンカーの大きさなどを決めてご提案しています。鋼製検査路について問い合わせる

FRP製検査路

鋼製検査路
FRP製検査路は、近年採用が増え始めた検査路で、今までの鋼製ではなく、FRP製の検査路で軽量化・メンテナンスフリー化を実現しました。海岸部や工業地帯などの耐蝕性を求められる地域に最適であり、かつ軽量で施工性に優れ、人力での搬入が可能です。FRP製検査路について問い合わせる

検査孔蓋・扉

鋼製検査路
検査孔蓋・扉は、桁の中を点検するための開口部に取付ける蓋や扉です。鋼製の物が主流で、開口部の大きさや勾配、状況を照査して提案し設計します。これら蓋や扉にもFRP製の物があり、軽量・耐蝕性などを求められる現場に用いられています。検査孔蓋・扉について問い合わせる

ステップ・梯子

鋼製検査路
橋面から橋の下面への昇降に使用する梯子や、検査路から桁内に入るための梯子、橋台法面などを昇降する梯子やステップ等を、現場状況や条件に応じて検討し、提案します。ステップ・梯子について問い合わせる
LYFUK
ページトップへ戻る