加工製品

ベンド管とは、配管において流体の道を変えるための管の1つです。垂直方向から流下してきた流体を水平方向へ導くなど、いわゆる方向転換を目的とした管です。同じような機能を持つ継手にエルボがありますが、曲りの先に直感部分があるかないかの違いで、直感部分を有するものをベンド管継手といいます。このように様々な角度・R指定に柔軟に対応する技術を有しており、お客様の細かなニーズにお応えいたします。

熱曲げベンド管

熱曲げベンド管
曲げ加工技術を使用し、塩ビパイプを曲げた管です。比較的大きな「R」に適しており、自由な角度を実現します。管に変形を防ぐ為の芯材を入れ、パイプを熱で加熱し、柔らかくなったところで型に入れて成形します。熱で柔らかくなる樹脂(熱可塑性樹脂)の特性を生かした加工管といえます。熱曲げベンド管について問い合わせる

LLベンド管

LLベンド管
「熱曲げベンド管」と同様に、自在な角度設定が可能です。既製品のエルボを切削加工してパイプと繋ぐことにより、なおかつ「R」の存在により、流体の流れがスムーズな管が出来上がります。加工には切削・溶接・FRPライニングといった技術を使用します。LLベンド管について問い合わせる

溶接ベンド管

溶接ベンド管
「熱曲げベンド管」・「LLベンド管」と同じく角度設定は自在です。ただし「R」が存在しないので、流れのスムーズさは「熱曲げベンド」「LLベンド」よりも劣りますが、他の2つよりさらに小回りが利く分、障害物による施工困難な場所での使用に適しています。加工には切削・溶接といった技術を使用します。溶接ベンド管について問い合わせる

3次元ベンド管

3次元ベンド管
「熱曲げベンド」の1つで、垂直方向・水平方向の二つの曲りを持つ管です。熱曲げ加工の中でも、非常に高い技術が必要とされます。短いスパンで2方向に曲がることにより、3次元的な配管構造に向いています。2方向とも角度は自在で、まさにオーダーメイドの極みといえます。3次元ベンド管について問い合わせる
LYFUK
ページトップへ戻る